×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

特許庁 電子図書館

特許庁 電子図書館エントリー一覧

特許庁の電子図書館マニュアル
特許庁の電子図書館の操作方法は、ヘルプデスクか、各都道府県の知的所有権センターに常勤している検索アドバイザー、特許電子図書館情報検索指導アドバイザーに問い合わせることで教えてもらえますので分からない場合は、各方面に問い合わせると良いです。各地的所有権センターには、無料で閲覧できる特許庁の電子図書館の専用回線端末が設置されており無料で閲覧できるので、知的所有権センターに訪れてアドバイザーに教えてもらうといった方法も取ることも良いと思います。特許庁の電子図書館の操作方法は、PDFのマニュアルが掲載さ...
特許庁の電子図書館の利用
特許庁の電子図書館は、明治以来の特許公報などを調べることが出来るサービスですが、特許に出願する人にとって出願などのやり方を調べることも出来ますし出願書類の作成方法も知ることも出来ますので、特許を出願したい人には電子図書館を上手く利用することが大切です。出願などに関する情報は特許庁の提供している電子図書館のマニュアルや、各サービスのご利用方法について掲載しているホームページにリンクもされているので、簡単に探すことが出来ますから迷うことがありません。特許庁の電子図書館には、サービスの利用方法を掲載し...
特許庁の電子図書館のデータ
特許庁の電子図書館には、様々なサービスが行われており、それを利用することで特許について検索したり特許の分類を知ることが出来たり、データベース化されているので、明治時代のものから見ることが出来ます。初心者向けの簡易検索が特許庁の電子図書館サービスにありこれは商標情報、商標見本イメージなどを見ることが出来るのですが、明治以降の蓄積されたもので、権利抹消されているものに関して見れません。特許分類検索が特許庁は行えるように電子図書館にそのようなプログラムを組んでいますし、このように様々な特許についてのこ...
特許庁の電子図書館の活用方法
特許庁の電子図書館のマニュアルに、特許庁の電子図書館の有効な活用方法について掲載されているので、それらを見ることで活用方法も色々と考えることも出来ますし、研究を行っている方にはメリットがあります。権利の確認と無駄な研究と開発の防止、そして最新技術情報を入手することが、特許庁の電子図書館を利用することで可能ですから、出願するような研究を行いたい人、最新技術を研究している人にはとても良いと思います。特許庁の電子図書館は、大きく6つのメニューがあり、初心者向け検索。特許実用新案検索、意匠検索、商標検索...